このお茶は天然ハーブブレンド

このお茶は天然ハーブブレンド

青の花茶は天然5種のハーブが自然にスリムになるようなバランスで配合
されています。まず主要原料は青い色の元となる「バタフライピー」です。

 

タイでは普通に生活に取り入れてられていますが、日本ではまだまだ
知られていません。ブルーのアントシアニンはブルーベリーの4.2倍も
含まれていて、ポリフェノールという抗酸化作用成分の一種なんです。

 

もちろんブルーベリー同様に眼精疲労を和らげる作用もあります。
次にテンチャと呼ばれる甘味です。これがなければ、ただの苦いか草っぽい
香りのお茶で、長続きするのは難しいかもしれませんね。砂糖の約70〜100倍の
甘さがあるので、天然のほんのりとした甘さが満足感で満たしてくれます。

 

メグスリノキは名前の通り、PCやスマートフォンで疲れた視覚神経を
癒してくれますし、ラフマは古くから中国で漢方薬として使用されていました。
コレステロール値や血圧をさげ、気分のもやもやを緩和してくれるのです。

 

ノンシュガー、ノンカロリー、ノンカフェインですから、寝る前に
身体をあたためてから・・・という活用方法もありますよ。
寝ている間にカロリー消費をしながら、ぐっすり深い眠りで前日のストレスを
解放します。

 

しかも、オリエンタルブルーと呼ばれる青色は色彩学者によると「リラックス」と
「抑制」効果があるということです。あなたもストレスをためない楽しい毎日を
青の花茶で過ごしてみませんか?

 

⇒青の花茶についてもっと!という方はこちらから!